HOME>イチオシ情報>快適な生活を送るために悪性リンパ腫とたたかう

快適な生活を送るために悪性リンパ腫とたたかう

男女

自分に合わないと感じたら医師に相談しよう

ひと昔前には不治の病と恐れられていたがんですが、医学の発展と共に治る可能性がぐんぐん高まっています。そして、それを顕著に表しているのが血液の分野ではないでしょうか。悪性リンパ腫や白血病の治療成績は、二十年前とは比べ物になりません。大きな要因が抗がん剤の進歩ですが、やはり厳しい副作用が付き物です。吐き気や下痢が長く続くことがありますし、副作用よって治療を中断せざるを得ない患者さんもいます。そのような場合は、遠慮なく医師や看護師に相談してみるべきです。吐き気に関しては、各種制吐剤を用意してくれますし、薬の種類を変えると症状が改善に向かうことがあります。病院にいれば我慢をする必要がありませんし、素直に声を上げることが治療成果に結び付きます。

病院

これからも生きていくために

悪性リンパ腫が、厄介な病気であることは事実です。厳しい治療を終えても、五年間は再発に細心の注意を払う必要があります。再発は最初の二年間に起き易いと言われていて、定期的な通院が欠かせません。しかし、それだけを気にかけていては生活の質が落ちてしまいます。極端になりますが、悪性リンパ腫と共に生きる覚悟が求められるのではないでしょうか。これから崎も人生は続きますし、病院のことを気にせずに毎日を明るく過ごすことが重要です。検査技術の進歩もあって、CT撮影に頼らなくても、ある程度の確率で再発の有無が分かるようになりました。心身にかかる負担は少ないですし、仕事や私生活にも影響がないようになっています。前向きに捉えることが一番です。